ドラマの悪役と思われる人へのお仕置きが、ちょっと酷いようです。

映画か何かの冒頭かもしれないのですが、色々凄いことになっています。。


【画像】

悪役へのお仕置き01 


(動画)







キルトの刺繍で作られた、チューブ状の通路がなんだか凄いです。

チューブ状のようでチューブじゃなく、通路のようで通れない。なんだか不思議な刺繍になっています。


【画像】

キルトの刺縫で作ったチューブ01 


美しいグラデーションが利いた、美しいチューブ状の通路に見えます。

でもこの通路は通ることができません。キルトの刺繍で作られたという事もあるのですが・・・。



自転車やバイク、自動車なんかで使われるチェーンや歯車を使ってオブジェを作っています。

何となく複雑で、メカメカしていてカッコいいです。


【画像】

チェーンや歯車01 



チェーンや歯車02 



チェーンや歯車03 .



チェーンや歯車06 



チェーンや歯車05 



チェーンや歯車07 



チェーンや歯車04 


カラフルに塗装をしたり、むき出しの金属感を全面に出したりしています。

チェーンと歯車は、動力機関の象徴のような感じに思えて、機械っぽくてカッコいいです。



世界各地からビー玉のつわもの達が集まり「MarbleLympics 2019 Qualifiers」が開催されました。

ビー玉界の精鋭たちが様々な競技で競い合っています。


【画像】

ビー玉オリンピックの予選01 


(動画)


色艶形、どれをとっても完璧なビー玉が勢ぞろいです。

もはやビー玉と言うよりも、A玉と言っても過言ではありません。


(その他の画像)

ビー玉オリンピックの予選02 

客席もほぼ空席はなく、各色ごとの応援団の姿も見受けられます。


ビー玉オリンピックの予選03 

クルクルまわって落ちていく競技や…。


ビー玉オリンピックの予選04 

チームごとのビー玉の力を競う競技。


ビー玉オリンピックの予選05 

リレー方式でタイムを争っています。


ビー玉オリンピックの予選06 

水中での早さを競う、水泳?も行われています。


実況やリプレイ、ゴールタイムなんかもしっかりと掲載されて、かなり本格的なビー玉のオリンピックになっています。

やっぱり同じようなビー玉でも、微妙に形がゆがんでいたり素材や色により、摩擦力や重量、空力なんかが変わってくるんでしょうか…。


なんだかまじめにバカっぽいですが、再生回数が500万回を超えているので、ビー玉界の動向に注目している人が少なからずいるんだと思いますww




世界最高峰のトライアルバイクの世界大会が、なんだか色々凄まじいです。

FIM Xトライアル世界選手権2019の決勝戦の様子ですが、信じられないような障害物をサクサク攻略していきます。


【画像】

トライアルバイクの世界大会01 

(動画)



6つのセクションを赤い服の選手と白い服の選手が、交互に走って攻略していきます。

各々のセクションを攻略する時の失敗が少ないほうが、最終的に勝者となります。



小さな流氷にワンちゃんが取り残されています。。

なんだかマンガにでも出てきそうな、ちょっと信じられない状況になっています。。


【画像】

流氷に取り残された犬が救出 


(動画)



港の近くではありますが、冷たそうな極寒の海で流氷に取り残されたようです。

潜水士かレスキュー隊のような人が、冷たい海に入り犬が乗っている流氷を、船まで引き寄せて救出しています。

最後は仲間のワンちゃんと一緒に帰っていきます。

なぜこんなマンガのような状況になったのか気になりますが、とりあえず助かってよかったです。。




小さなネズミのようなロボットが、迷路の攻略タイムを競っています。

小さいけれど、複雑な迷路を信じられない速度で攻略しています。


【動画】

ネズミのようなロボが迷路の攻略01 




最初はルート解析のため、2、3回ほど低速で走らせてからタイムアタックをするようです。

タイムアタックに入ってからは、凄まじい速度で迷路を攻略していきます。


こちらの方のタイムが2位ということです。

そして1位の人は下記の動画となっています。

(その他の動画)

ネズミのようなロボが迷路の攻略02 



1位の方も同じように、最初はルート解析を行い、タイムアタックに入ります。
2位の人と違うコースで攻めて見事に1位を獲得されています。


1位と2位の人を比較すると、2位の方は最短経路を攻めて、1位の人は直線の多い経路を攻めているように思えます。

最短ルート=最速では無いということでしょうか。
ルート解析の際に、カーブでのロスも考慮しているところが凄いです。

遠回りしていても直線でタイムを削れて、壁への衝突やトラブルも減らせるというところだと思います。

こんな小さなロボットに、ここまでの解析能力が備わっていることに驚きました。




湿地で溺れていた大きなワシを救出しています。

ワシが完全に水没して、身動きできない所に出くわしています。


【画像】

湿地で溺れたワシを救出00 

(動画)



(その他の画像)

湿地で溺れたワシを救出01 


最初は悲しい声を上げながらボートからも逃げようとしますが、途中から観念したのか敵意が無いことが伝わったのか、ボートのオールに掴ります。


湿地で溺れたワシを救出02 


ボートに上がると、完全にびしょ濡れで飛べる気配がありません。

濡れ鼠みたいで、見ている方が悲しくなります。。

とりあえず、釣ったお魚を何匹かプレゼントしています。


湿地で溺れたワシを救出03 


最後はボートの波止場に上げてお別れです。

ワシが最後に悲しい声で鳴いているのと、助けた人が釣った魚をたくさんばら撒いてあげているのが印象的です。


動画の最後に元気そうなワシの写真が載っているので、結局保護したのかもしれませんが、このまま分かれてもこれだけお魚をパクパク食べられれば、ほっといても元気になるんだと思います。

ネットの反応では、このワシは生後3年以内の若いワシではないかと言うことでした。
空の王者でも危険なことは沢山あるんですね。。


鷲の恩返しが有るとすれば、魚でかえしてくれるなら良いのですが、仕留めたネズミとかウサギを持ってこられたらちょっと困りますねww




本物の手の形をした!不気味なロウソクがちょっと怖いです。

カラフルで綺麗な色なのですが、リアルすぎて手が生きているように見えるからでしょうか。。

【画像】

リアルな手の形をしたロウソク01 


リアルな手の形をしたロウソク02 


リアルな手の形をしたロウソク03 


リアルな手の形をしたロウソク04 


リアルな手の形をしたロウソク05 


手の形には何種類かあり、良い意味や皮肉的な意味のものなどいろいろあるようです。

ちなみに、人差し指と中指をクロスさせるサインは、相手に見えるようにすると指で十字架をつくり、幸運を祈るという意味を持つそうです。相手に見えないようにしている場合は「ウソ」をついているというサインになるそうです。



ただひたすら、大量のゴールデンレトリバーの子犬を眺める動画です。

大量のゴールデンレトリバーの子犬がクゥーンクゥーン鳴いています…。


【画像】

ゴールデンレトリバーの子犬01 


(動画)



ただでさえ可愛いゴールデンレトリーバーですが、その子犬はさらにかわいくて、それが凄まじく大量にいるので、かわいさのビッグウウェーブと表現するほかありません。

成犬があまり居ないようなので、どっかのブリーダーか何かだと思いますが、とりあえず無茶な飼育や虐待はしていないようなので、限りなくほのぼのした感じで癒やされます。

とりあえず、日ごろのストレスの何パーセントか軽くなればと思いますww



最新記事

ドラマの!悪役へのお仕置きがちょっと酷い!! 2019/03/25
キルトの刺縫で作られた!チューブ状の通路が凄い!! 2019/03/24
チェーンや歯車で作ったオブジェがカッコいい!! 2019/03/23
最強のビー玉が集まる!ビー玉のオリンピックの予選が行われる!! 2019/03/22
世界最高峰の!トライアルバイクの世界大会が色々凄まじい!! 2019/03/21