はいだしょうこさんがYoutubeに公式チャンネルを開設したそうです。

チャンネル開設から約1~2ヶ月ほどたち、色々更新されています。

はいだしょうこさんといえば、もと「宝塚歌劇団」 → 「『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさん」と、歌のスペシャリストとしての印象が強く、Youtubeの公式チャンネル「はいだしょうこの歌とか、、、」では、美しい容姿に負けず劣らずの美しい歌声で、私達を心のそこから癒してくれます。


【画像】

はいだしょうこ画伯_01

(動画)



(その他の動画1)




もとの楽曲とは違う、はいだしょうこさんならではの、伸びやかで美しい透明感ある歌声で、
「ひこうき雲」や「糸」などを歌われており、心が洗われたような清々しい気分にさせてくれます。





そして、そんなはいだしょうこさんの癒される美しい美声で紙芝居まで読み聞かせてくれています。

読んでいる、紙芝居は「ももたろう」で、はいだしょうこさん直筆だそうです。


(その他の動画:ももたろう)



Youtubeのコメント欄では、

「はいだしょうこ画伯デザインのTシャツがあったら買いたい」
「絵が替わるたびにグーーンってカメラ寄るの草」
「R-1で決勝までいけると思います。」
「紙芝居って.....と思ってたら、神芝居やったww」



さらに「浦島太郎」も公開され・・・

(その他のどうが:浦島太郎)



Youtubeのコメント欄では、こちらも

「しょうこお姉さんの絵、実家のような安心感()」
「この絵、Tシャツにしたら絶対買う!」
「少し絵が上達したような」
「今回もGoodでした♪ 子供にも見せます。 「ウサギとかめ」見てみたいです。」


など、賞賛の嵐で、はいだしょうこ画伯直筆の紙芝居が、心のそこから癒されるすばらしい作品であるのが良くわかります。


自分の能力値を、容姿(100pt)、歌声(100pt)、性格(100pt)としてしまったので、画力が(ー300pt+カオス)になってしまったのを、個性として芸術にまで昇華してしまった感じでしょうか・・・。


NHK『おかあさんといっしょ』で磨かれた卓越した技術と経験に加え、はいだしょうこ画伯にしか描けない紙芝居・・・。これはもう芸術作品と呼ぶしかないのではないでしょうか。



ちなみにブログでは、2020-04-06に公式チャンネルの開設が告知されています。

ご報告です。-はいだしょうこオフィシャルブログ「しょうこのメーメーblog」
https://ameblo.jp/haidashoko/entry-12587536684.html


タブのメモ帳『Tab Notepad』!タブが使えるメモ帳

タブのメモ帳『Tab Notepad』!タブが使えるメモ帳

無料posted withアプリーチ


関連記事
鉄球で演奏する、謎のマシンを実際に再現!!
美女がクレーンで釣られる!謎の体操!!
2本の棒が倒れないように!支える競技の世界記録!!
【画像】超巨大な手で支えられた橋が幻想的!!
ロシアで!開催された「2019年の最も悲しいイベント」が悲しすぎる・・・

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

最新記事

大きなキツネのようなオオカミが町に出現!! 2020/07/13
鉛筆の先に作っる、鉛筆の芯で作った鉛筆が凄い!! 2020/07/12
材木を湖に浮かべる作業が、見ていて癒される!! 2020/07/11
島のような超巨大な流氷が、港町の横を通過していく!! 2020/07/10
バナナを食べるオポッサムが汚いけどカワイイ!! 2020/07/09