「お前は、もう死んでいる・・・」
「なにぃ・・・そうは・・・たくみで・ひでぶ」

の音源を利用してリミックスをしています。


最初の2分くらいまでは、音源を整理していて、その後あたりからリミックスされた曲が流れ始めます。


【画像】

もう死んでいる01

(動画)



たくみで・ひでぶ」→「お前は、もう死んでいる・・・」といえばあの、アニメの名作「北斗の拳」のケンシロウの名セリフですが、シンセサイザーを使って、あのセリフからこんな音楽ができてしまうのに驚きです。


DJコントローラーというのを使っているのかと思いましたが、「Teenage Engineering(ティーンエイジ エンジニアリング) OP-1」というシンセサイザーを使っているようです。


最近、実写が流行っているので、「北斗の拳」のリアルな実写があってもいい気がしますが。あの指で刺したあとの「ピーキー・・・ひでぶ」の場面を、黒塗りじゃなくリアルで再現してしまうと・・・R-18指定どころかR-108指定くらいになりそうな気がします。

なので、まずはゲームのモータルコンバットのキャラくらいから、再現してみてはいいのではと思いました。


アニメ「北斗の拳」とは?

核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、争いが繰り返されるという最終戦争後の199X年が舞台。暴力が支配する弱肉強食の世界に現れた、伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクション。1980年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する作品の一つであり、漫画家・原哲夫と漫画原作者・武論尊の最大のヒット作にして代表作である。初出版である連載版は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1983年41号から1988年35号に掲載され、当時は一大ブームを巻き起こした。
内容的にはケンシロウが使う北斗神拳をはじめとした登場人物たちが様々な拳法を駆使して戦いながら織りなす宿命的な物語の他に、北斗神拳で(主に悪党の)人間の頭や胴体が破裂する描写、「ひでぶ」「あべし」「たわば」などといった断末魔の悲鳴(#断末魔の叫び参照)、ケンシロウが相手に対して「お前はもう死んでいる」と死を告げる際の決め台詞や、「秘孔を突く」といった表現などが人気を博した。
連載当時の単行本は1984年から1989年まで出版されたジャンプ・コミックス全27巻。その後も様々な出版社から、物理的な紙製の本のみならず、様々な媒体で刊行され続けている(詳細は#書籍を参照)。累計発行部数は全世界1億部を突破している[1]とされる。



タブのメモ帳『Tab Notepad』!タブが使えるメモ帳

タブのメモ帳『Tab Notepad』!タブが使えるメモ帳

無料posted withアプリーチ


関連記事
自然に溶け込んだ!スナイパーが写っている写真の数々!!
きれいな女性が!凍った湖に入ってくつろぐ。。
森の木を!一瞬で伐採して切断してしまう森林伐採マシンが凄い!!
【画像】大理石の採石場がゲームや物語のダンジョンみたいで凄すぎる!!
猿拳を実践格闘技に使う先生が強そうでしょうがない・・・

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

最新記事

材木を湖に浮かべる作業が、見ていて癒される!! 2020/07/11
島のような超巨大な流氷が、港町の横を通過していく!! 2020/07/10
バナナを食べるオポッサムが汚いけどカワイイ!! 2020/07/09
トラバサミの罠のキーホルダーが恐ろし過ぎる!! 2020/07/08
湖の主となった白鳥のプレッシャーが凄い!! 2020/07/07